<   2006年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧

ティーパーティーは無事に家に帰るまでがティーパーティーです。

日曜日の午後、お茶の師匠主催のティーパーティーがありました。
場所はNagono Tea Room
アットホームな雰囲気の素敵なお店です。


c0079882_2155183.jpg

まずはアイスティーでお出迎え。
星型のパイナップルが浮かんでます。





サンドイッチ、ケーキ、パウンドケーキ。
どれも美味しい~の~(^^)。



c0079882_21561762.jpg

c0079882_21563453.jpg





c0079882_21593957.jpg

一番のお気に入りはこれ!
バナナとクルミ入りの生地とクリームチーズが絶妙のバランス。




c0079882_222564.jpg

焼きたてのスコーン。
クロテットクリームとジャムの組み合わせがうんま~いっす!



c0079882_2244662.jpg

食べ切れなかった分はお土産に。
今朝食べましたが一日たっても美味でした~(*^^*)




c0079882_2262951.jpg

もちろん紅茶も飲み放題。
師匠とアシスタントさんが心を込めて入れてくれた
ホットティー。3種ありました。
でも、どれを飲んでも区別がつかない舌貧乏の私を許して(TT)。



c0079882_22113679.jpg

この日のゲスト、そしてパーティーの黒一点(笑)
安東然さんのライブ。
ボサノバ調のオリジナルを含む計4曲をしっとりと聴かせてくれました。




c0079882_221418.jpg

ビンゴゲームで当てたクッキー。
珍しく3番目にビンゴになったんですよ~。
ここで今年後半の運気を使い切ったかも(^^;)。




楽しい時間はあっという間に過ぎ、記事のタイトルにもなった師匠の名言で〆られました。
十ウン年?ぶりに聞いたなあ、このフレーズ。泣けました(笑)。

師匠、おつかれさまでした&いつもありがとう。
モモは無事に家にたどり着きましたよ。
[PR]
by bearsforest2006 | 2006-07-31 22:21 | イベント。

朝から猫クイズ。

朝の散歩で久々に猫たまりのあるお宅の前を通りました。
いましたよ~。ここは猫ホテルか(笑)。
っつーか、いつも黙って撮っちゃってごめんなさいm(_ _)m
みなさん、どうかご内密にしてください~(^^;)。


さて問題です。猫は何匹いるでしょう?

c0079882_9151920.jpg



c0079882_915419.jpg



ヒント。
赤で囲んだ場所には子猫が3匹います。




c0079882_918212.jpg

散歩の途中でよく見かけるんですが、
これ何の花だろう?
ご存知の方いますか?
[PR]
by bearsforest2006 | 2006-07-31 09:26 | 散歩。

緑のアレに侵略される。

なが~い梅雨の影響で栄養をたっぷり吸収して育ってます。

c0079882_21101539.jpg

じりじりと迫ってくる気配。。。
でも光合成をしてくれる草木は増えた方がいいのか。
そうか!




朝から人と会う約束。家から近い場所だったので自転車で出かけました。
しかしリーゼント頭(でもスーツ着用)と浅越ゴエ似の二人組みが45分も遅刻。
携帯に電話してもつながらないし、はらわたが煮えくり返る。
あと5分待って来なかったら帰ろうと思ってたところにやっと到着。
平身低頭というかんじで謝ってはもらったものの、静かに
「○分のお約束でしたよね?」と嫌味は言っておきました。ちょっとすっきり(笑)。
まあ、待った甲斐あって滞っていた件がさくさくっと進んだので良しとしましょう。

帰りに明治40年に建てられたという銀行を移築した資料館を見つけてふらっと入ってみました。
管理人のおじさんに色々話を聞いてるうちに長引く梅雨の話に。

モモ「水害に遭った人たちも、台風だったらもっと警戒していたのにただの雨で
   土砂崩れが起きるなんて……って驚いてたみたいですね」
おじさん「水の被害なんてそんなもんだよ。寝耳に水っていう言葉があるでしょ。
     あれは寝てるうちに気が付いたら耳に水が浸かってたって意味なんだよ」
モモ「へ~。そうなんですかあ」
おじさん「この辺りも何年か前にひどいのがあったよ。ほら、○○で……」
モモ「ええ?!そうだったんですか? そんなの全然知りませんでしたけど」
おじさん「あ、あれ50年前か(笑)」


さすがにそれは知りません(^^;)。
話してるうちににわか雨がひどくなって止む気配がなかったので濡れて帰りました。
ちょっとは涼しくなったけど、午後にはまたピーカン。
あっという間に猛暑に逆戻り。これで今度こそ梅雨が明けるのかな?
[PR]
by bearsforest2006 | 2006-07-29 21:39 | いろいろ。

映画「ゆれる」 バカな子ほどかわいくて罪作り。

オダジョーがかっこいいです! そりゃもう、みんな心乱されちゃって女も入れ食い状態でしょ。
香川照之は色んなとこに色んな役で出てるだけあって、とことん上手いです。
昔この人が東大出て役者デビューってワイドショーで取り上げられたのを見た時
(お母さんが浜木綿子、お父さんが市川猿之助という七光りがあったので)、
ぜったい後悔するからやめとけばいいのに……と思った記憶がありますがとことん外れてしまいました。
伊武雅刀と蟹江敬三はすっかりおじいちゃんでちょっとビックリしました。
真木よう子。私は初見でしたがすっごいうまい女優さんです。きれいだし。
新井浩文は個人的に北村有起哉以来のヒット! 他の映画も観てみたいです。
何気にピエール瀧が出てました。田口トモロヲも。
キムキム兄やんの話術はミラクルで敵にはまわしたくないなと思いました。


俳優ってすごいな~と久々に思わせてくれるキャスティングでした。
俳優がこれだけ演じきることができてる映画はそうないと思います。
ゆれる



ワイドショーを見ていると、
客観的には呆れるような痴情のもつれや何で?そんなことに巻き込まれたの?ということで
人を傷つけたり殺されちゃったりという事件がたくさんありますよね。
この人たちの人生っていったい何だったの?というような。
「ゆれる」を観て、こういうことだったのか……と悟ったような気持ちになりました。

オダジョーはずっと演技が上手いのか下手なのか
私の中ではよくわからない俳優の一人でした。
雰囲気に流されていわゆる「オレ流」というか、役作りはしないよみたいな。
それって何やっても同じってことじゃん!という(笑)疑りの目でいつも見ていたのですが、
この映画でちゃんと演技のできる人だと確信しました。

オダジョー演じる猛はとても白々しい。そしてヘタレなんですよ。
甘ったれなのか繊細さが足りないのか、自覚がないのがまた
嫌らしくもあり魅力の一つです。
なまじ才能や色気があるせいでそこが見えにくく周囲にいる人は心を乱されます。

私の主観ですが、主要キャラの中で一人だけ猛とフラットに向き合えるのが
猛の父が経営するガソリンスタンドで働く岡島洋平です。
映画の中では関わり自体が薄いのですが、この人が稔(香川照之)の立場でも
やっぱり変わらずにいられたと思います。

本当にそこらへんのスタンドで働いてそうな平凡な風貌ですが、
ちらちらと目の端に入ってくる姿が不思議と印象に残ります。演じるのは新井浩文。
目立つ存在ではないけれど何事があっても惑わされず、
静かに真実を見つめる一重まぶたに説得力がありますよ。


智恵ちゃん(真木よう子)には私の人生って何だったの?とぜひ草葉の影から
叫んでもらいたいけれど、きっと猛は気づかない。。。バカだから。
彼女の哀しい人生については観客もみんな気づかない……というか見て見ぬフリをする。
大した存在ではないから。
確かな存在になりたくてあがいた瞬間に彼女の人生は終わってしまった。う~ん。

猛に聞いてみたいのは、
「あの伯父さん(蟹江敬三)、子どもの頃から嫌いなんだよね」
という稔の言葉をどう捉えたのか?
覚えてないかも。。。バカだから。


★ちょっと宣伝
サプリメント通販ショップビタナインコム内の「ボブおじさんのブログ」更新してます。
「人類の体温を下げるクーラーの恐ろしさ(前編)}です。

初の前後編もの!、そしてこれまたタイムリーなクーラー病の話です。
体がだる~くなっちゃうのよねえ、なんて単純に考えないで。
地球温暖化とおんなじで少しずつ体のメカニズムを狂わせて、
気づいたらとりかえしのない状態になっちゃうかも!要注意ですよ。
[PR]
by bearsforest2006 | 2006-07-29 07:00 | エンタメ。

カフェはいいかんじ、寿司はいまいち、THE BIG ISSUEはジョニデが表紙。

午後に人に会うため栄へ。

用事はそれだけだったので、空いた時間にずっと気になってた映画
「やわらかい生活」を観たかったのですが、名演小劇場では夜の1回上映のみ。
念のためと問い合わせてみたら午前11時の段階でチケット残は3枚とのこと。
木曜日のレディースデーだもんな。。。
おまけに上映は明日まで。明日は行けないし諦めるか?と思いつつネットで検索してみたら、
伏見ミリオンで8月の上映予定に入ってるじゃないですか!
そして、これまた観たいと思ってた「ゆれる」が上映中。
終日の上映だしそこそこキャパのある映画館だから大丈夫でしょう。とこちらを観ることに。



c0079882_085590.jpg
まずはなかなかお目にかかれないゾ!という好青年とお茶。
連れて行ってもらったお店も洒落てていいかんじでした。
たまにはこういう楽しみもないとね♪




好青年と別れた後、ミリオンに行きチケットを先に購入。1時間ちょい前だったけど整理券番号は25番でした。


c0079882_0152732.jpg
ここ数日いきなり暑くなって食欲がなく、ちゃんとした食事をしてませんでした。
(先週は布団をかぶって寝ていたのに!)
せっかくだから何か食べようと周辺をぶらぶら。
飲食店はたくさんあるけどかえって迷う。。。
映画館に併設のカフェがあるけどパン類しかないので、結局近くのお寿司屋さんへ。
箸袋に「明治二年から」と書いてある割りに店内はファミレス風(笑)。
だから気軽に入れたんですけど、え~と、お味も……。
スーパーの寿司折とどっこいどっこいでした(安かったしね ^^;)。



路上で買ったTHE BIG ISSUEを読みながら時間をつぶしました。

c0079882_0295179.jpg
特集は「夏・海・地球」。
有人潜水調査船「しんかい6500」のパイロット、佐々木義高さんのインタビューや
地球温暖化の影響で起こる気候の変動がどのような現象となるのかなど。
うんざりするような長雨の後のこの猛暑。
あまりにリアルタイムな話題ばかりで読み応えありました。



「ゆれる」の感想はまた明日。
評判どおりの秀作で、個人的にはオダジョーの演技はアレはアレなのか?という(笑)
長年の疑問の答えがでました。
[PR]
by bearsforest2006 | 2006-07-28 01:01 | いろいろ。

雨上がり川面に浮かぶ桃恋し

久々に朝から快晴。

c0079882_72845100.jpg




c0079882_7292381.jpg

川じゃなくて用水路には、哀れ落命した桃がぷかぷかと。。。



c0079882_7311769.jpg

他にもたくさん浮いてました。



も、もったいない!
もっと底が浅かったら拾って持って帰るのに(マジよ)。
水きれいだったしさ。
桃もきれいなままだったし。

畑に落ちてるのは(下にシート敷いてあるからきれいなものは売り物にするのよね)
さすがにダメだろうけど、これはセーフだよね?

などと、邪なことを考えながら歩いてました。
やばい。。。そのうち本当に誘惑に負けちゃうかも(^^;)。
[PR]
by bearsforest2006 | 2006-07-26 07:37 | 散歩。

葡萄は美味しい、お相撲さんはかわいい。

長雨の影響でまた野菜の値が高騰しそうですね。というかしますね。

スーパーで桃を買おうと思ったら先週買った時より高くなってるし!
2個で499円ですよ。ちょっと表面傷んでるのに~(^^;)。

暫し考えて買ったのはこちら。
c0079882_021948.jpg

さっそく数粒つまんでみました。美味!
よ~く冷やして半身浴後のおやつにしようっと♪





今日電車に乗ったらお相撲さんがいました。
そういえば名古屋場所が終わったばかりですよね。
着ている浴衣に安芸の川(山?)の文字が染めてあったので
四股名かな?とネットで検索してみましたがヒットせず。。。
写真撮らせてもらおうかな~とちらちら見てたのですが、
周りの乗客があまりに無関心だったので恥ずかしくて断念。

体は大きいけどかわいい顔してましたよ(^^)。
[PR]
by bearsforest2006 | 2006-07-25 00:16 | 出会い。

WEB2.0の人たち。

明けないですね~梅雨。
止んだかなと思ったら、いつの間にか振り出しているし。
静かに静かに降り続く様子がちょっと不気味です。
私の毎日の散歩コースにも、山沿いや斜面に建つ民家が点在しています。
何事もありませんように。。。

今朝は小雨降る中、傘をさして歩いて来ました。
肌寒いような、蒸し暑いような。気をつけないとまた体がおかしなことになりそうです。

c0079882_8161336.jpg
傘を差したまま撮ったら手ぶれしてしまいました(^^;)。





さて。この週末はWEB2.0の人たちと交流してきました。
ある人によると「時代はWEB2.0。超クール」とのことですし、
私も松本隆博さんのセミナーで知ってからまだ一週間だというのにもう夢中です。

これはチャンス!とばかりに話題を振ってみましたが、何だかみなさん曖昧なことしか言ってくれません。
一人得意げに語ってくれた人がいましたが、難しい言葉を使ってる割には的を射てないような……。
というより、お兄さんの説明がとってもわかりやすかったと言うべきでしょう。
実のところセミナーはほぼライブと松本一家物語だったというのに、WEB2.0なんかほんの5分ぐらいしかやらなかったのに。

おそるべし!お兄さん。
みなさんも機会があったらぜひ参加してみてください。ほぼ歌ってると思いますけど。
[PR]
by bearsforest2006 | 2006-07-24 08:36 | 出会い。

ハウルの動く城

金曜の夜にTV観て胸キュンしてました。やばい?(笑)。


この映画はジブリ作品としては賛否両論ありましたね(これから公開のゲド戦記もすごそうだけど ^^;)。
その多くがキムタクが声優出演したことについてのアレだったと思うのですが、私は好きです。
声いいですよね。そして平坦な演技(気に入らない人には大根と揶揄されるんだろうけど 笑)にしびれました。

もともとジブリ映画“だけ”は(声優として)俳優を起用することに反対じゃないんですよ。
これ言うとたいていの人に「え~!」と言われますが、生々しさが加わって作品の世界観に深みが増すような……ダメ?(笑)。


いきなり魔法で90才のおばあちゃんにされちゃったソフィーが、絶望するどころか
どんどん元気で前向きになっていく姿にワクワクしました。
ソフィの存在が動く城を生活の場に変え、そこに集まった人たちを家族に変えていく過程も観ていて楽しかった!
小説「東京タワー」でも、リリーさんのお母さんが上京し、その日暮らしだったリリーさんが
「朝起きてちゃんとした朝ご飯を食べて、掃除の行き届いた部屋できれいに洗濯された服を着て、
夜は料理が並ぶ食卓に仲間が集まって」という風に生活を立て直していく描写が印象的でした。
映画でも小説でも、何気ない日々の生活がうまく描かれてないと薄っぺらくなっちゃうと思うのですが、
そういう意味でもジブリ作品は好きです。


謎だった部分もmixiのハウルコミュ覗いたらほとんど解けました!
使えるなあmixi(笑)。

※コメント欄にネタバレあり
[PR]
by bearsforest2006 | 2006-07-22 05:07 | エンタメ。

ロード・トゥ・ヘブン(1997/米)

GyaOで放送中。

GyaOのレビューでは絶賛されてるのに、発売されているDVDのレビューではほぼブーイング。。。あれ~?(笑)
それもそのはず、もともと米でTV映画として制作されたものを50分近くカットして編集してあるんですねえ。
20才そこそこのアンジェリーナ・ジョリーと、彼女の少女時代を演じるレーチェル・リー・クックを中心に、
あとは遠慮なくぶった切ってるんだろうなあ……と容易に想像できますけど(^^;)。
GyaOでは(たぶん)ノーカットの170分バージョンが観られるので、ぜひこちらで観て欲しい!26日まで視聴できます。


さて内容は。

幼なじみのフィミとジョージア(アンジェリーナ・ジョリー)の成長を軸に
テキサス開拓時代からの50年を女性の視点で描いた作品ですが、
前編から後編の半ば近くまではフィミの姉、サラの女の一代記というかんじです。
このお姉さんが逞しくてすごいんですよ! 
どうしてこのような強靭な精神を持ちえたのか?ぜひ教えてほしい!いや怖い!と思うぐらい(笑)。

物語の冒頭で、母とは死別し父も亡くしたフィミは結婚してテキサスに住むサラの元に向かいます。
姉も義兄も優しく新しい生活にすっかり溶け込むフィミですが、ここでの生活はそのまま
開拓者である自分たちと先住民の争いの歴史でもあるんです。
一方、裕福な家庭で何不自由なく暮らすジョージアですが、実は彼女には先住民の血が流れています。
彼女の暮らす地でも先住民への差別、虐殺が行われるようになり……。


前編から後編の始め1/4ぐらいまではほぼフィミ側の印象しか残りません。
人間てここまで残酷になれるのか……という描写もあり観ていて凹みますが、それだけに観応えもありますよ。
何よりこんな残酷なことが実際に行われていたんだろうし、現在も世界中で起こっていることだと思うとゾッとします。

先住民との争いがいつの間に終わっちゃってる?(^^;)とか、後編は急ぎ足の展開で
全体的に散漫な印象なのが残念ですが、この辺りからアンジーの存在感が光ります。
最初は、顔は今のまんまなんだけど全体的に体の線が細くて声が若いところが
正直違和感あるんですよ(笑)。
鼻っ柱は強いけど世間知らずなお嬢様から、結婚してテキサスに移住し様々な困難の中で
母として女として逞しくなっていくうちに「やっぱりアンジーだ!」と思えてきます(笑)。

少女時代を演じた二人にも注目。レーチェルがまんまミニアンジーなのが見てて楽しいし、
フィミ役の子はすっごくうまい! 死んでしまった赤ん坊を抱いたまま嗚咽するシーンは見ものです。
[PR]
by bearsforest2006 | 2006-07-22 04:33 | エンタメ。