<   2007年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

初夏の風。

初夏というにはまだ早いけど、
今日はとってもよいお天気&ここちよい風が吹く日でした。


c0079882_22461580.jpg

あおなみ線の金城ふ頭駅のホームからの風景。





風が強すぎて髪の毛がゴーゴンになってしまいましたが
気持ちよかった~。



話は変わりますが、TVでダウンタウンDXを観ていたら
アニメ「ガンバの大冒険」の主題歌を
ゲストの河原さぶさんが自分が歌ったと話していてビックリ!
ガンバ、大好きだったんですよ~。
ガンバを始めとするネズミたちが、ノロイというイタチ?に苦しめられる
村を助けるために旅をして戦う物語。
このネズミたちがそれぞれキャラがたってて男前なの。
ストーリーもドラマチックな展開で、ハラハラさせてくれるんですよ。
イカサマっていう、いつもサイコロを持ってるニヒルなネズミがいて、
私はイカサマのファンでした。
[PR]
by bearsforest2006 | 2007-05-31 23:01 | お出かけ。

馬か魚か。

遅いお昼を食べようと立ち寄ったお店にて。

2時数分前だったけど声をかけたら「いいですよ」と
言ってもらえたのでランチを注文。

鯵と馬刺しともう一つのメニューがあって、
一瞬迷って鯵を選びました。
店内には私一人。
ランチは本当は13:30までだったらしく、
店長さんとパートさんらしき女性は夜の仕込みの準備で忙しそうでした(^^;)。

カウンターに座ったので厨房の店長さんと世間話など。
そのお店は熊本から直送する馬刺しが名物らしく、
店長さんも馬刺しランチをオススメしたかったらしい(笑)。
「他の店はほとんど冷凍なんですが、うちは生を出してるんですよ。
冷凍しか食べたことない人には喜んでもらってます」とのこと。

で、喋ってるうちにぽろっと
「馬刺し食べたことないんで迷ったんですけど、
一瞬馬の顔が浮かんじゃって……」とうかつなことを言ったら
苦笑してました。
いや、私も特別馬に思い入れがあるわけじゃないんですけどね(^^;)。

水槽に生きたままの沢蟹もいたし、
鯵も身がふかふかで美味しかったので
けっこう食材にはこだわってるとみました。
次はぜひ馬刺しを食べてみよう!
[PR]
by bearsforest2006 | 2007-05-29 21:25 | 食。

社会保険庁~!

<年金支給漏れ>国提訴の動き 弁護士「350人から相談」

>社会保険庁の記録紛失や調査ミスのため、年金が正しく支給されないのは違法として、
>国に賠償を求める動きが公的年金加入者の中に出ている。
>5年間しかさかのぼって受給できない「時効」により、受給額を大幅に減額された人たちだ。

*5月28日 毎日新聞


年金支給漏れの報道が出た時、呆然としました。
実は母が受給の手続きをした時、若い時に加入していたはずの
厚生年金の記録が一部なくなっている……ということがあったんです。

私が生まれる前、家族が東京に住んでいた時なので
その時点で35年ほども前のことです。
社名も詳しい住所もうろ覚え、もちろん給与明細なんて残ってませんよ。
何より、その会社がまだあるかどうかも怪しい。

そもそもなぜ記録が残っていないの?という疑問は持ちつつ、
何の知識もない年寄りに社保庁の職員は随分冷たい対応だったらしい。
状況を把握できないまま、なくなった厚生年金分があるとないのとでは
けっこう受給額に差が出るらしく、母は必死に記憶を遡って考えていました。

私は忙しく、なかなか代わりに説明を聞きに行く時間もとれなかったので
母が電話してきた時「とりあえず番号案内で探してみて!」とだけ伝えました。
数日後に実家に寄ると、青くなりながらも母は意を決したように
「東京に行って心あたりの場所を歩き回ってみる。ついてきてね」とまで言っていました。


幸いだったのは、母が覚えていた社名と似た会社が
番号案内ですぐに見つかったことです。
件の会社が当時のまま営業を続けており、
電話をかけて事情を話すと、快く30年以上前の記録を調べてくれたそうです。

あまりの呆気ない結末にその後忘れていましたが、
上で引用したニュースの一人になっていたかもしれません。
自分たちのミスでよくも年寄りの肝を冷やしてくれたわね社保庁!
今でも「領収書や給与明細を見せれば払う」とか、あくまで上から目線だし。
ここまでずさんな体制で国民の利益を奪っておきながら、
何のお咎めもなしってどういうこと?

被害に遭われた方たちにはどしどし国を訴えていただきたいけれど、
それだってどーせすごく時間かかるだろうし結局被害者の負担が大きいじゃない?
こんな状況でなんとか還元水の人が自殺したって、
正直だからどーしたっていうかんじ。
あの水道代分で救えた命があったかもよ?
[PR]
by bearsforest2006 | 2007-05-28 21:29 | 暮らし。

シティボーイズミックスPRESENTS 『モーゴの人々』

先日観て来ました。毎年恒例のコントライブです。

毎年きっちり観ているわけではないのですが。
初めて観てから10年ぐらい経ってるかな?
舞台の上の3人+αが、働き盛りから初老の男性に変貌するのを
まざまざと見せつけられ、自分も年取ったな~と実感する
GW時期の風物詩となりつつあります。


今回はおなじみ中村有志と、
大森博史、ムロツヨシがゲストとして参加。
私が今まで観た中で一番ゆるかったような気がしますが、
そのゆるさとくだらなさがまたおかしかった。
大爆笑というより引き笑いを誘うような?腹筋にきました。


シティーボーイズの後は「リチャード三世」の舞台が控えているという、
何だか本格舞台俳優の趣の大森さんと
あまりに普通っぽくて最初「何で出てるんだろ?この人」と
思ってしまったムロツヨシさんもいい味出してました。

特にムロさん。
おじ(い)さんたちに混ざって一人気を吐いてましたが、
まったりムードの中終始浮いてました。
何というか……存在自体が(笑)。
でも斉木さんとお揃いの白い衣装でやった
「ソフィア・ローレン大小」がかわいくてツボでした。
あと、ラストの猫の着ぐるみも。
実は気になってたりするので、これからどこかで
また見れたらいいな~と思ってたりします。



初鑑賞の友人と一緒に観たのですが、
隣の席から聞こえてくる彼女の笑い声がまた心地よく(笑)。
誘ってよかった~一緒に観れてよかった~と
それも素直に嬉しかったです(^^)。

たくさんご飯食べて話して、舞台の後はムーディーなラウンジで
また話して。
体調悪くて食欲ないしでずど~んと落ちてた気分が
一気に浮上しました。ありがとCちゃん。
[PR]
by bearsforest2006 | 2007-05-18 08:13 | エンタメ。